東京都千代田区の内科なら麹町内科

幹細胞の上清液治療

幹細胞培養上清液とは

幹細胞培養上清液とは、体内に存在する脂肪など間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出して滅菌等の各種処理を行った液体(上澄み液)のことを言います。

幹細胞は細胞自身が活性化・成長・増殖するために「サイトカイン」と呼ばれる 500 種類以上の生理活性タンパク質を放出しています。

サイトカインは、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たし、肌・皮膚を再生する因子、血管を増殖させる因子、神経を修復する因子、免疫を調整する因子、骨形成を進める因子なども含まれ、老化などにより衰えた細胞の回復を後押しするため、美容分野や整形外科分野に対しても様々な効果が期待されています

幹細胞培養上清液が持つ4つの機能

体内に備わる幹細胞本来の機能を呼び覚まし、周辺の幹細胞を増殖させ、必要な細胞に分化させる効果が期待されています。

組織や臓器が破壊された際に起こる症状、炎症による強烈な痛みや動作障害など、あらゆる炎症を抑える事が期待できます。

血管や血液など体内の悪玉タンパク質を分解する事が期待できるため体全体の新規再生が期待できます。

血管再生を通じて、組織や臓器に必要不可欠な酸素や栄養素が供給されるため、体全体の新規再生が期待できます。

料金

幹細胞の上清液治療 495,000(税込)

PAGE TOP